消費者金融

親への借金返済が大変です

私は親に借金があります。

と言いましても、「家を買った」とか「車を買った」等の大きな買い物ではないのですが、細々した買い物や雑費等で 手持ちのお金では足りなく、それを親に借りていたのが まさに「雪だるま方式」といった感じで増えていきました。

親曰く「他の人から借りるくらいなら親に借りなさい」と言いますので、その言葉に甘えてしまった自分がいます。

さすがに借金の金額が多くなってきたので、相手が親と言えども「これはそろそろきちんと返さないといけない」と思い、数か月前から自分の稼ぎからの出費などを切り詰めて 返しています。

しかし「私の稼ぎが少ない」というのがいちばんの理由ではありますが、少し臨時収入があっても「あぁ、これは全て返すお金だ」という感じで、稼いでもすぐさまお金が私の元から去っていきます。

親は「借りたのだから仕方ないじゃない!」と言うますし、私としても「それはごもっとも」と思ってはいますので何も言い返せません。
ただ、親から借りていますので「利子」というのが無いだけ有り難いです。

まだまだお金を返す日々が続きますが、なし崩しにしないできちんと返していこうと思っています。

うっかり借入をしてしまった話

海外在住です。当地の銀行の口座からお金を引き出す際、もちろんATMが存在し、気軽にお金を引き出すことが出来るのですが、簡単に借入れも出来てしまい危険です。ATMを利用した後、借入れをしますか、というメッセージが出てきて、「借入をする」ボタンを押すだけで、なんと、銀行から借入金が入金されるのです。

もちろん顧客信用性の危険が銀行にもあるわけですから、このメッセージは給与など定期的にある程度の金額が入金されている口座保持者にしか出てこないのですが、それにしても書類等での本人確認などなく、一瞬に借入が出来るというのは、少し怖いものです。言葉がよく分からず、うっかりボタンを押してしまった、などということになるから大変です。実際同僚が、よくわからないけれど大金が口座に振り込まれている、と調べてみたら、この要領で銀行から借入をしていました。

意図したものでなくても、銀行としては一度お金を貸しているわけですから、もちろん利子は払わなくてはいけません。急いでキャンセルはしましたが、利子払いは逃れられませんでした。